フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

2016年5月22日 (日)

サドルバックの巻込み防止に、建築用金物を使用した件

コンバンハ、凛ぱぱ です。

ちょっと積んでおきたい荷物、
リアボックスなんかあれば、とても便利なんだけど、
スタイルを重視すると、
できれば、荷台は付けたくない・・・

サドルバックだったら、良いかなぁと、

でも、

革のヤツは高いし・・・

Amazonで探しまくった結果、
コレを購入することにしました。

P5140001_r

東ドイツ軍
レインカモ コンバットバッグ
デッドストック
¥1.3k

バイク用のサドルバックというわけではありませんが、
レビューを見てみると、水を持ち運べるほどの防水性能と、
頑丈さが評判、しかも、安い!(コレ最重要!)

ただし、バイク専用という物ではないので、
取り付け方法には、工夫が必要です。

で、

引っ掛けるのは、グラブバーで良いとして、
巻き込み防止をどうすっかなぁ?と考えました。

専用のサポート金具は、安くても¥2kくらいから・・・

で、

考えた。


建築用金物、
羽子板ボルトを使います!
P5140009_r

羽子板ボルト ¥0.05k
袋ナット ¥0.03k
細目ボルト ¥0.3k
実際は、購入した細目ボルトは使用しなかったので、
100円以下の金物で、なんとかしてみます!



P5140013_r
取り付け位置は、タンデムステップを利用します。
ステップをはずすと、ボルト穴の横に、
もう一つ、小さい穴があります。回転止めです。
コレを利用すれば、羽子板ボルトも下に垂れることは無いな。
と考えました。

羽子板ボルトの板部分に、その小さい穴を開けます。

こんな感じに使います。

P5140010_r

小さい穴の部分の、拡大写真です。
P5140011_r
コレで、羽子板ボルトが垂れてしまうことは無いでしょう。


しかし、


おもいっきり、建築金具使ってます。
って感じだな・・・
(´・_・`)



P5140014_r

マットブラックで塗装しました。( ̄ー ̄)ニヤリ



P5140028_r
突端には、ボルトそのままってのも、
なんなんで、袋ナットを取り付けました。



P5140004_r
100均で購入したブックスタンド
コレを、バックの中に入れ、型崩れを防ぎます。



P5140007_r
こんな感じ。


P5140018_r
とりあえず、パンク修理セット、カッパ、
外したタンデムステップを入れます。

容量的には、余裕です。


P5140027_r
こんな感じに、グラブバーにぶら下げます。



P5140023_r
これで、チェーンやホイールに、
バックが巻き込まれる心配もありません。



P5140026_r

P5140021_r
約¥1.5k以下のサドルバックの出来上がり!

リーズナブルに、カスタマイズ!



これで、コンビニで、ちょっと買い物したときも、
荷物を入れられます。



撮影機材:
E-M5+LUMIX G 20㎜ f/1.7 Lumix Aspheric G



桃色車牌で、遊びいこ。
凛ぱぱ

GN倶楽部

2016年5月 5日 (木)

GN125Hにボルティのタンクを設置した 件

コンバンハ、凛ぱぱ です。

今年のGW、GN125Hのタンクを、
ボルティのタンクに載せかえることが、
唯一の楽しみでした・・・

まず、数ヶ月前、ヤフオク!で、
コキタナイ ボルティのタンクを落札。
約¥3Kでした。

P4170011_r_r_r
裏面は錆びていましたが、表面だけなので、
削って塗装してしまえば、問題ありません。



P4170013_r_r_r
こすったような傷に見えますが、
押されて、塗装が付いたような、
ヘコミが多少ありますが、
パテ盛りするほどでもないかなぁ、
という感じです。



P4290004_r_r
とりあえず、表面の塗装、
ボルティのロゴを削ります。


P4290006_r_r
用意したスプレーは、コレ。
プラサフ、ホンダ:カーニバルイエロー色、ウレタンクリアー、
約¥5.5K ということで、タンクの金額を軽く超えます。


1461979211250_r_2
自宅の裏に、仮設塗装小屋を建設。



1461979601592_r
なにか、釣り上げたようなヤツになってます。(*^m^)


1461981890658_r
作業を進めるうちに、縄を使って、
吊るされたタンクの向きを変えられるようになりました。



1461982526470_r
プラサフ、いい感じです。

このまま、クリアーで仕上げようか、迷いましたが、
当初の予定どおり、作業を進めます。


1461997553053_r
予定どおり、黄色いタンクになりました。

ここまでの作業で、約4時間。
せっかちな性格が、作業を先へ先へと進めます。(๑˙³˙)و

1462248662144_r
とりあえず、塗装完了!
早速載せます。


タンクパッドに黒いの付けましたが、
なんとなく・・・

黄色いパンダみたいなので・・・

はずしました。


曲線的なラインのGN125Hになりました。

ボン!キュ、ボン!みたいな、

シートはデカすぎだろぉ、というのは、解ってます。



1462243507623_r
次の日、さらにウレタンクリアーを1本追加購入。

これが、高いんだ・・・約¥2.7K・・・

やはり、1本のクリアーでは足りませんでした。
ガソリンこぼしたら、すぐ、塗膜まで溶けそうなので、
クリアーを1本盛ります。


面倒なので、タンクをバイクに付けたまま作業します。
シートだけは、はずしました。


1462243547590_r
養生①

塗装屋の友人に、養生用のテープにビニールが、
付いたヤツを、1本頂きました。有難う。


1462243563562_r
では、作業開始!


で、


黄色1色では、ものたりないので、
GTストライプを入れてみました。

P5050064_r
メッキ調のカッティングシートを使用。


ボルティのタンクは、平面部分が無く、
すべて、曲面なので、そこにカッティングシートで、
直線ラインを入れようってのが、そもそも・・・


P5050101_r
でも、まあまあかな。



「もう、塗装作業はいいかな。」って感じです。



P5050087_r







桃色車牌で、遊びいこ。


凛ぱぱ



撮影機材:
E-M5+LUMIX G 20㎜ f/1.7 Lumix Aspheric G
nexus5







GN倶楽部

2016年1月24日 (日)

100均 カスタム~LEDライトを黄色い光に~ の件

コンバンハ、凛ぱぱ です。

ヘッドライトのLED(10w+10w)、なんか、暗く感じてきました。
たぶん、真っ白い光が損してるのでは?と考えました。
で、
黄色っぽい色が付けば、すこしは、見やすくなって、
明るく感じるのではないかと。

ということで、

真っ白い光を、黄色い光に、変えてみることにします。



P1240001_r
現時点での光は、真っ白い感じです。

明るさは、まあまあなのに、
白い光で損してる感じがしてました。


とはいえ、どうやって、黄色くするかな?( ´・ω・`)

ガラスレンズを黄色く塗る?→うまくいくか不安だな。

セロハンみたいのを、ガラスレンズの内側に入れてみるか?


ということで、


材料探しのスタートは、いつもダイソーから.+:。(・ω・)b゚.+:。

これかな。
P1240004_r_2

たぶん、ドギツイ黄色になっちゃうなかぁ、と思いながらの購入。


ライトのガラス、はずそうと思えば、
はずせないこともないが、とっても面倒な作業だな。
P1240002_r


セロハン作戦はダメか・・・┐(´-`)┌

とりあえず、

はずしたLEDバルブをながめる。

P1240005_r
光源が黄色い色っていう方法もあるよなぁ。

ということで、

P1240006_r
アルミヒートシンクのところに両面テープを使って、
セロハンを、ドーム状にしてみた。

くしゃくしゃになってるのは、しわの無いきれいな状態では、
ドーム形状を保つことができず、くしゃくしゃ→ポイッてしようとしたら、
くしゃくしゃのほうが、ドーム形状にしやすいのか!と気付いた。
P1240013_r





P1240007_r
写真で、その形状を見せるのは難しいが、
半円のドーム形状になっています。ほら、影がそうなってる。




そして、付けてみる。

P1240010_r
ビキニカウルとの隙間の、
光が漏れるのをおさえるピンクのスポンジが、
なんとなく、
畑仕事してるおばちゃんの帽子のヒサシのようだな。



P1240011_r
ライト点灯してないけど、こんな、黄色く反射しちゃう。



では、



ライトON!








P1240012_r
どぎついかな・・・



夜になって、テスト走行。

黄色い光になった分、見やすくなった感じはあります。

(バルブは同じものなので、明るくなることはありません。)



一応、ライトの色について法律上どうか、調べてみた。
φ(◎。◎‐)フムフムフム



前照灯等
第32条 ・・・・・次の基準に適合する走行用前照灯を備えなければならない。
・・・
(3) 走行用前照灯の灯光の色は、白色又は淡黄色であり、そのすべてが同一であること。




淡黄色???とは、
#f8e58c        


こんな色なんだが、許容範囲ということで!








凛ぱぱ


撮影機材:
E-M5+M.ZUIKO DIGITAL ED12-50㎜ F3.5-6.3 EZ
 
GN倶楽部

2016年1月 2日 (土)

バリー・シーン レプリカ ジェットヘル の件

コンバンハ、凛ぱぱ です。

2016年 一発目の記事も、特別なことは無く、
相変わらず、坦々と、いつもの”いぢり記録”です。

僕のヘルメットは、何のメーカーなのかもわからないような、
マットブラックの、シンプルなものです。
Dsc06795_r
この何のロゴも入っていないヘルメットを探していたのです。

何故なら、バリー・シーン レプリカ ヘルメットを
いつか作ろうと思っていたから。
P1_2
上野が、まだ、バイク街と呼ばれていたころ、
一目惚れして購入したのが、この写真のヘルメット。
(ホントのレプリカは、赤ではなく、ゴールドなんですけどネ)
写真は、最近撮影したもので、外装は綺麗でしたが、
内装は土に戻ろうとして、
修復できるような状態ではありませんでした。
触ると、ボロボロと崩れてしまいます。

数年前に、AGV や、アライ で再販されましたが、
とてもとても、買おうと思う金額ではないのと、
今では、入手困難。

ということで、
無いものは、作ってしまおう!ということです。

用意したものは、
1)艶消し金色のカッティングシート。
2)ドナルドダッグのステッカー(ロンドンからエアメールにて到着)
3)バリー・シーンのステッカー(2と同様)
4)ウレタンクリアスプレー。

まず、カッティングシートの型紙の作成です。
Dsc06796_r

できるだけ、カッティングシートを引っ張ったりしなくても良いよう、
伸び縮みのない紙で、仮に貼ってみます。
ドナルドダックのステッカーは、約50㎜の大きさのものです。
これを、塗装でやっても、僕にはうまく仕上げられそうにないので、
ステッカーにしてみました。

Dsc06798_r
後頭部のBARRY SHEENE の文字は、
名前だけでなく、バイクに乗った姿のイラスト付きです。



Dsc06799_r
カットしたカッティングシート、
ドナルドダッグのステッカーを貼り付け。

Dsc06800_r

Dsc06801_r

このクオリティを塗装で再現することは、とてもできません。
カッティングシート+ステッカーを使ったのは正解でした。

このまま、

マットな感じで、仕上がりっていうのも良いのですが、
ステッカーの剥がれとか考えると、
やはり、クリアをのせて仕上げるのが良いかなぁ、、、

Dsc06806_r
仕上げのクリア(ウレタン)は、
ちょっと、値段が高かったのですが、
この2液性のものが良いかなぁと、
使用してみることにしました。

Dsc06803_r

今日は、無風状態で、塗装日和でした。


Dsc06802_r
塗装で、ぶち壊してしまわないか?
不安で一杯。~(°°;)))オロオロ(((;°°)~



Dsc06807_r
時間をかけて、丁寧に。
良い感じです。




Dsc06808_r
十分乾燥させて、完成です!




素人作業としては、
良い仕上がりではないでしょうか。( ̄▽ ̄)



バリー・シーンについては、
リアルタイムで見ていたわけではなく、
上野で一目惚れしたヘルメットから興味を持ち、
ビデオ等で知りました。

興味のある方は、こちらをどうぞ→
僕が、GPに興味を持ち始めた頃の懐かしい動画です。

その後、
シュワンツ とか、見ているだけでも、
ワクワクするライダーが出てきたり、
日本人でも、ノリックとか、
4輪でも、F1では、中嶋悟さんとか、
1985年から1992年くらいは、
モータースポーツにハマッた時代でした。






桃色車牌で、遊びいこ。
凛ぱぱ


撮影機材:
NEX-7+LA-EA4+MINOLTA AF ZOOM 35-70 F4
 
GN倶楽部

2015年12月26日 (土)

スマホホルダ2号機 の件

コンバンハ、凛ぱぱ です。

ミノウラ アルミクランプに、100均で買ったスマホホルダを、
DIYにて作成
、使用していたのですが、
先日の、GN倶楽部のツーリングの帰り道(ハイペースの4号線にて)
危うくスマホが、吹っ飛んでいきそうになり、今回の2号機作成となりました。

1号機は、↓この記事です。

http://minkara.carview.co.jp/userid/2407717/car/2039180/3426965/note.aspx


Pc200001_r
この1号機の改善すべき点は、黄色いゴム。
伸びてきていて、スマホをしっかりホールドしていなかった。

そもそもの原因は、座の部分の充電コード用の書き込み。
Pc200003_r

書き込みだから、振動がひどくなることがある。
では、くりぬきにすれば、改善するのでは?と考えた。


で、

懲りずに、100均で同じヤツを買う。
Pc200004_r


充電コード用に座をくり貫いた。
Pc200009_r
右が1号機の切り欠き、左が2号機のくり貫き。



Pc200008_r
充電用のコードを通してみた。

なかなかのクオリティ。( ̄ー ̄)ニヤリ


Pc200006_r
完成、こういう商品みたいじゃ?
スマホ載せてみた。
黄色いゴムは、もう不要です。


さらに、
念には念を、命綱を作った。
Pb070037_r
僕の使っているスマホ、
NEXUS5は、ストラップをつけるところがありません。
イヤホンジャックを利用したストラップを探しましたが、
樹脂のジャックでは、なんとなく、不安な取り付け具合・・・

じゃ、

本物のジャック付ければいいじゃん!ってことで、
上の写真のような奇妙なものを作りました。
一度も、音を発することなく、本来の役目を終える・・・
Pb050036_r
3年前に買った、中華タブレットに付属されてたもので、
一度も使ったことがない。

でも、

新しい役割、活躍の場が与えられました。


ということで、

2号機 + 命綱 の作成でした。









桃色車牌で、遊びいこ。
凛ぱぱ


撮影機材:
E-M5+LUMIX G 20㎜ f/1.7 Lumix Aspheric G
 
GN倶楽部









2015年11月25日 (水)

グローブホルダー ~手作り~の件

こんばんは、凛ぱぱです。

今日は、小ネタです。

冬のグローブって、ポケットに入れておくには、
ポケットがパンパンになってしまうし、バッグに入れたり出したりは面倒だし、
ちょっと、どうにかしたいって感じですよね。

ということで、
グローブホルダーを作ってみました。





用意したものは、
100均で、数年前に買って、
ほとんど使っていなかったペットボトルホルダー、

そして、
いつか使うだろうと思って、
100均で、買っておいた、コードをまとめるマジックテープです。

いよいよ、出番がきましたね。
Pb250001
ペットボトルの口の部分をはめ込むゴムを取り去って、
マジックテープを通して、出来上がりです。(簡単!)
Pb250003
こんなふうに、グローブをまとめて、
ベルトループや、バックにカラビナで引っ掛けて使います。
Pb250002






これで、また、快適度がUPしましたね。

おしまいです。
桃色車牌で、遊びいこ。
凛ぱぱ


撮影機材:
E-M5+LUMIX G 20㎜ f/1.7 Lumix Aspheric G
 
GN倶楽部